人間関係

なぜ彼女に心配や嫉妬をしてしまうのか?実体験を元に解決策を教えます!

彼女のことが心配で些細なことでも心配や嫉妬をしてしまう。

そんな経験がある男性に向けて。

私は非常に心配性で、いつも彼女の行動に対して心配や嫉妬をしてしまいます。


関係がギクシャクすることはとても多い人種です。


そんな私が、心配や嫉妬の感情と向き合い、関係を良好な状態に戻すことができた手法を紹介します!


手順は次の通りです。

  • なぜなぜ分析をする
  • 結果を踏まえて自分の行動で変えられること・相手に協力・改善してもらわないといけないことを書き出す
  • 結果について相手に伝える


上記の3つの手順を徹底的に考えまくりました。

参考例になるように私が考えた答えを手順に合わせて書いていきますね。

なぜなぜ分析をした結果


私がなぜなぜ分析をした結果が次の通り。

なぜ心配や嫉妬をしてしまうのか?

問:なぜ心配や嫉妬をしてしまうのか?という問いの答え

  • 心配だから⇒さらに深掘り
  • 大切だから⇒ここで完結
  • 失いたくない(奪われたくない)から⇒ここで完結

問:心配になるのはなぜか?

  • 自分に自信がないから⇒容姿や性格に自信がない
  • 過去の経験でトラウマがあるから⇒浮気された・別の男に奪われた
  • 交友関係が見えないから⇒どんな人達と一緒にいるのか
  • 安心できる返答がないから⇒いつも安心できる返答がない
  • 大半の男は信用できない生き物だから⇒ウィスコンシン大学の研究より

こんな結果になりました。

説明を加えていきます。

前提条件の理解:心配や嫉妬する心は無くすことができない

結果を伝える前に、そもそも心配や嫉妬は無くすことができるのでしょうか?

調べてみました。


結論は、心配や嫉妬する心は無くすことができない。ということです。

なぜ、心配や嫉妬をなくすことができないのか?


それは、相手を想っている限り全員に付きまとう感情だからです。


嫉妬という感情は他社との比較・自信のなさから生じる感情です。


逆に心配や嫉妬心が全くないという場合は、少しお付き合いを考えた方が良いかもしれません。。。


心配や嫉妬する感情を受け入れ、自分がどう行動するかを考える

無くすことができないができない感情であることから、逃げていては何の解決にもならないのが問題です。


そのため、この感情は正常な証なんだ。相手を想っているからこその感情なんだ。と受け入れることが重要になるでしょう。


受け入れた上で、この感情とどう向き合い、どう行動するかが大切です。


さらに、ポイントは相手にとって何が幸せかを考えることを忘れないようにすることです。


絶対に相手を管理したり、コントロールしようとしないように意識するようにしましょう。


この前提を理解しないと感情論のぶつけ合いになってしまい、関係が悪化するだけになります。


自分に自信がないから

この理由の答えは明確でした。

自分の容姿に自信がなく、性格もすごくいいわけではない。

だから、もっと良い男が近くに現れてアタックされたら心変わりされるに違いないという思い込みがありました。

3点目の交友関係が見えないという点にも共通してきますが、どんな人が近くにいて、どんな関係性なのかが分からないと凄まじく心配になってしまうのです。

自分より遥かにイケメンで気の合う人がいるのではないか?
見てないところではもしかして会ってたりしてないか?

そんな心配がグルグル回ってしまうのです。

結局のところ自分が愛し続けてもらえるかの自信がないだけなのです。

過去の経験でトラウマがあるから

過去の経験というのは、私の場合、当時付き合っていた彼女が別の男に奪われてしまったということです。

全ての話を聞いた時のショックは今でも忘れられません。

私の知らないところで、その男と会っていたり、家に上げていたり。。。

信頼していただけに深く深く心をえぐられました。

さらに、言えば有名大学で高身長で大人な男ときたらもう完全なるトラウマです。


だから、女性と付き合う時にはいつもそのことが脳裏によぎってしまいます。

そして、会っていない時には別の男と会っているんじゃないか?と心配してしまっていたのです。

交友関係が見えないから

彼女の友人関係が見えないのは、とても心配になります。

どんな男が周りにいるのかとか考えたらキリがありません。。。

想像ができない世界のことは、いくらでも悪い想像ができるので沼みたいなものです。


色々と調べていた時に、たまたま目に付いたワードがあります。


ソーシャルシェアリングという言葉です。

ソーシャルシェアリングとは、例えば彼女の男友達と彼氏である自分の3人で会うということ。

このことで、まず自分は彼女の男友達の性格や容姿を把握することができます。

男友達側からすると彼女と上手くいっている姿を見せることで、予防効果が得られるようです。

確かに、彼氏と上手くいっていない女性は、男から狙われやすいですよね?

弱みに付け込んで陥れるという手法です。

その逆で、できるだけラブラブな姿を男友達に見せつけることで奪われる可能性を低くできるようです。

安心できる返答がないから

LINEなどで、友達と遊んでくるという連絡を例に挙げます。


彼女:友達と遊んでくる。

私:何の友達?と聞きます。

彼女:大学

私:そっか、いってらっしゃい。



こんな感じのやりとりの場合、私は内心すごく心配しています。

大学の友達って男?複数で遊んでるの?何して遊ぶの?

聞きたいことは山ほどあります。


しかし、こんなに大量の質問うっとおしいと思われるんじゃないかと思い送ることができません。

心を押し殺してしまった分、心配や嫉妬がどんどん溜まってしまうのです。


結果的に会った時に積もり積もった不満をぶつけてしまったり、しつこく質問してしまったりと悪循環が生まれてしまっていたのです。


大半の男は信用できない生き物だから

これは、ちょっとしたプレイボーイであるか友達にプレイボーイがいたらわかる人は多いと思います。

男は、親しい女の人を簡単に性的対象としてみてしまう生き物なのです。

男女間の友情は成立しないのは、このことが大きいと思います。


面白い研究があったので紹介します。


ウィスコンシン大学の研究で、友達として平均2年ほどの付き合いがある男女88組を秘密の厳守を条件に個室で、「異性の友人に対してどれだけ性的な魅力を感じていますか?」と質問をしました。

その結果、男性のほとんどは女友達を異性として意識する確率が高く、さらに女友達は自分を好きに違いないと思い込む確率も高いという結果にまりました。

女性は、男友達を異性として意識する傾向が低く、こちらに性的な関心はないだろうと思い込む確率が高いという結果になりました。


この結果からわかる通り、男は女友達を性的対象としてみる生き物なのです。

そして、女性は男友達に性的対象として見られていないだろうと思い込む生き物なのです。

彼女は、よくあの人はそんな感じじゃないから大丈夫ということを言ったりします。

自分の本音は、「そんなことは分からない。相手だって男なら隙を見せればどうなるか信用ならない。」と思っています。


男という生き物だからこそ、男という生き物の考え方を知っています。

それが余計に心配にさせる原因となっていました。

結果を踏まえて自分の行動で変えられること・相手に協力・改善してもらわないといけないことを書き出す


この結果から、次の通りにアクションプランを考えました。

  • 自分の行動で変えられることは何か?
  • 相手に協力・改善してもらわなければならないことは何か?


上記の2点の問いについて徹底的に考えて相手に伝えるように決めました。

自分にできること、相手にお願いすることについて書き出した結果を説明していきます。

自分の行動で変えられることは何か?

自分の行動で変えられること

  • 自分に自信が持てるように、自分磨きをする
  • 不安や嫉妬の感情が出たら、原因を伝えて理解してもらう
  • 会話をするときは感情的にならない
  • 相手を管理・コントロールしようとしない
  • 相手を信じることを忘れない
  • 相手の幸せを想う気持ちを忘れない

書いてあることがまんまなので、詳しく解説はしませんね。

相手に協力・改善してもらわないといけないこと

相手に協力・改善してもらいたいこと

  • 不安にならなにような行動を意識して欲しい
  • 飲みや遊びに行くときに全く連絡しないのはなしにして欲しい
  • 心配や不安に思う時は包み隠さず質問するのでだるいと思わずに答えて欲しい
  • あいまい・適当な答え方はやめて欲しい
  • 周りの友達に彼氏がいることを伝えてないことで狙われたりしたら嫌なのでしっかり伝えて欲しい

上記のような点が洗い出されました。

結果について相手に伝える

ここまで洗い出したら、相手に伝えるということをしっかり行いました。

伝える際は、次の点を意識して伝えました。

  • なるべく文章は見ない
  • とても大切な存在であることをしっかり伝える
  • なるべく具体的なエピソードとその時の気持ちを添える
  • 今後どうなっていきたいかを伝える

口下手になってもいいと思います。

相手をどれだけ想っていて、今後のこともしっかり考えているからこそ出てくる言葉は自然と相手に伝わると思います。


私の場合も、めちゃくちゃ伝えるのに時間がかかったけれどしっかりと相手に伝わりました。

そして、関係は以前より確実に良くなったと実感しています。


相手側の言い分もあると思うのでしっかり聞くことも忘れないようにしましょう。

一方通行の恋はうまくいかないという言葉があったと思います。


自分の要求ばかり言っていたらいつかは相手が離れていってしまいます。

上手くコミュニケーションをとりながら話し合いましょう。


私の経験が誰かの役に立てればうれしいです。

-人間関係

© 2022 Lifelog