生き方

自分はどう生きたいのか?本気で考えた結果。考え方

自分はどう生きたいんだろう?

やりたいことって何なんだろう?

このままの人生でいいのかな?

不意にこんなことを考えてしまうことはありませんか?

私はしょっちゅうあります。

今に満足できていないからなのか?

未来への漠然とした不安からなのか?

よくわかりませんよね。

でも心も病んできたし、一度立ち止まってじっくり考えてみました。

やりたいことも、特技も何にもない平凡な自分は、いったいどうなりたいのだろうか?

自分はどう生きたいのか?をひたすら考えた過程を綴ってみようと思います。

「やりたくないことをやらない」ことは、「やりたいことだけやっていること」

最初に考えたのは、やりたくないことを絶対にやらなければ、自分がやることは心に従ったことにたどり着けるのではないか?

つまりやりたいことだけやっている人生になるのではないか?という仮説でした。

だから、とにかくやりたくないことリストを作って書き出してみました。

  • やりたくない仕事をすること
  • 満員電車に乗ること
  • 早起きすること
  • 上司の顔色を見て働くこと
  • いや。そもそも働きたくねー!

などなど

少し書いていてすっきりしました。

なんとなく自分は会社という組織に属することをしたくないんだなっと客観的に理解できた気がします。

そのための手段が見つからないことには、自分の人生がどうありたいかを見つけたことにはなりませんよね。

やりたくないことリストは、自分の傾向を見つけるためにはとてもいい考え方だと思います。

自分が心惹かれることは?ワクワクすることは?問いただしてみた

自分が心惹かれる、魅力的なことは何なんだろう?という問いただしてみました。

残念ながらパッと出てきませんでした。。。

心惹かれること?

やりたくてウズウズすることもないし、趣味も特技もないんだよなー。

ちょっと失敗でしたね。

でも心のどこかにこの問は持っておくことにします。

いつか運命の出会いがあるかもしれないですからねw

毎日やっても苦にならないことは?特になかったから毎日やっていることを書き出した

次に毎日やっても苦にならないことはないか?問いただしてみました。

これも残念ながらノーヒット。

じゃあ、毎日やっていることは何なのか?という事実ベースで考えてみました。

まあ、ただ今日やったことを書いているだけなんですけど、何か気づきがあるかもと思い書き出してみました。

  • ゲーム
  • youtubeを見る
  • テレビを見る
  • Twitterを見る
  • 飯を食う
  • LINEをする
  • 寝る
  • 1日おきくらいに筋トレする

なんだろ?廃人感がすごい。。。

でも、これが事実。毎日何も苦にならずやっていることなんですよね。

この中で好きだからやっていることは、強いて言うならゲームとyoutubeくらいでしょうかね。

だからと言って、ゲームだけやって生きていきたいというわけではないんです。

やはり、生きがいと呼べることがないのが問題なのでしょうか?

あー、どうすればいいか分からなくなってきた。

過去の経験で良かったことは?思い出に残っていることは?について考える

じゃあここまで歩んできた人生にヒントはないのか?ということで過去の経験で良かったこと、思い出に残ってることを書き出してみました。

まとめると、

仕事、部活、サークルできつかったけど結果が出て報われた思い出。

その人のために考えてしたことで感謝されたこと。

みたいなことがほとんどでした。

なんだかヒントになりそうなキーワードが分かってきたような感覚がありました。

辛くてもきつくても、自分で考えて行動したことが報われる瞬間が自分が喜びを感じるんだと分かりました。

なるほど。

じゃあ、自分にはどんなことを成し遂げて報われたいのか?

今のところ成し遂げたいことは、仕事を辞めてフリーで生きていけるが最初の関門なようです。

でもしかし、人の役に立つにことができないとフリーになることはできませんよね。

だから買ってもいないのに宝くじでも当たらないかな?ということになるんだと反省。

誰かのために、何かを提供したいとか、伝えたいとかは内側に秘めているのかもしれないですが、仕事を辞めて自由に働きたい。

なんて自己中な目標なんでしょう。

こんなことでやりがいが持てるのでしょうか?

自分の中の直感的なものが、これではない。と言っているのはわかりました。

自分が本当に成し遂げたいこと。

もう少し悩む必要がありそうです。。。

結論が出なくて申し訳ないです。。。

自分を見直したことで一歩前進できる可能性はあると思います。

皆さんは何の取り柄もない私よりも可能性があると思います。

この機会に自分を見つめなおしてみるのも何か変わるきっかけになるかもしれません。

-生き方

© 2022 Lifelog