筋トレ関係

アルコールを取ると筋トレが無意味になるの?アルコールと筋トレの関係を説明

アルコールを取ると筋トレ頑張っても意味ないの?

筋トレをしている人なら気になることありませんか?

結論から言うと、アルコール摂取は筋トレに影響があります。

では実際にどんなことがあるのか説明していきます。

アルコールを摂取による筋肉への影響

テストステロンの分泌が抑制される?

アルコールを摂取するとテストステロンの分泌が抑制されます。

テストステロンの分泌が抑制されると筋肉の生成作用が十分に得られません。

コルチゾールによって筋肉を分解

アルコールを摂取するとコルチゾールという成分が分泌されます。

このコルチゾールには、エネルギー源である糖を生み出すために、 筋肉の分解を促進させてしまう作用があると言われています。

筋肉の生成が遅れる

アルコール成分は肝臓で分解・代謝されますが、次から次へとアルコール成分が肝臓へ運ばれると、肝臓は休みなく働かなくてはならない状態になります。

つまりアルコールの分解・代謝が優先され、筋肉を合成に必要な働きは後回しにされるということです。

体が発する優先順位は変えることはできないので、根本的に解決するにはアルコールを摂取しないのが得策ということになります。

筋トレとアルコールとの付き合い方

アルコールが筋トレの効果に及ぼす影響が分かったところで、 どう付き合っていくかが大切です。

私が行っている付き合い方を紹介します。

  • 筋トレをする日はお酒を飲まない
  • お酒飲まないキャラを確立する
  • どうしても飲みたい時は筋トレが休みの日にする

筋トレをする日はお酒を飲まない

筋トレファーストということで、筋トレをする日は絶対に お酒を飲まないと決めています。

お酒を飲まないキャラを確立する

仕事をしているサラリーマンは特に飲み会の場に呼ばれることが多いですよね。

そんな時でもソフトドリンクしか飲まずにアルコールは取らないと周りに認知させるように頑張りましょう。

理由は何でもいいと思います。体鍛えているので飲まないんです。

とかお酒飲めないんです。とか何でもいいです。

上司や同僚にどう思われようと決めたことを曲げない心を持てば何でもできます!

私は大人数がいる飲み会だと率先して注文を聞く側に回って、こっそり店員さんにソフトドリンクを頼んだりしてます。

今では、飲まないキャラが浸透しているので全く飲まなくても何も言われなくなりました。

時代のお陰もあってお酒を強要もできないようになってますからね。

どうしても飲みたい時は筋トレが休みの日にする

筋トレをしている方で、週7日のうちの筋トレをしないで筋肉を休ませる日を設けている人が多いかと思います。

どうしても飲みたい、お酒はやめられないという人はうまく筋トレのスケジュールを調整し筋トレを休みの日に飲むようにしましょう。
ここで注意なのがあくまでも筋トレを優先したスケジュールで行ってください。

お酒を飲むために筋トレを休むようになるとせっかくの習慣も台無しになります。

まとめ

いかがでしたか? せっかく頑張って筋トレをしているのだから効果がないなんてことは嫌ですよね?

「お酒とはうまく付き合え」って言葉よく聞きますが、これからは一つ単語を増やして「筋トレとお酒とはうまく付き合え」を意識してみてください。

慣れればお酒を飲まない飲み会でも全然楽しめますよ。

健康を維持していつまでも理想の自分を追い求めていきたいと思います。

あなたもできることからやってみましょう!

-筋トレ関係

© 2022 Lifelog